本殿の彫刻物 「昭和27年 鳥取県指定保護文化財第一号」

  嘉永6年(1853年) 鳥取藩お抱え宮大工・小倉園三郎等により竣工

  ≪特徴≫ 方二間の権現造(通称・八ツ棟造)で総欅造、唐破風、屋根下、木鼻の彫刻

         ~龍・葡萄とリス・鳳凰・象・蝶・大黒様・大根と鼠・牛と馬など~

龍・葡萄とリス・社紋(蛇の目)等

龍・葡萄とリス・社紋(蛇の目)等

(上)鳳凰・(中央)龍・(下)象

(上)鳳凰・(中央)龍・(下)象

蝶

大黒様

大黒様

大根と鼠

大根と鼠

馬

牛

拝殿の扉・向拝天井の龍の彫刻  「昭和27年 鳥取県指定保護文化財第二号」

  明治12年(1879年)宮大工・小倉平次郎(小倉園三郎孫)等により竣工

  ≪特徴≫ 豪快な刀法で彫られた天井の龍、竜宮城の彫刻、木鼻の唐獅子牡丹がある

 

拝殿向拝天井の龍

拝殿向拝天井の龍
(龍が持つ玉の真下に立つとご利益があると言われているパワースポット)

 

竜宮城の彫刻(左:竜宮城 中央:乙姫様 右:浦島太郎)

竜宮城の彫刻(左:竜宮城 中央:乙姫様 右:浦島太郎)

 

向拝柱の唐獅子と牡丹(左柱)

向拝柱の唐獅子と牡丹(左柱)

 

向拝柱の唐獅子と牡丹(右柱)

向拝柱の唐獅子と牡丹(右柱)

 

神功皇后の子(後の応神天皇)を抱く武内宿禰

神功皇后の子(後の応神天皇)を抱く武内宿禰

 

 

神功皇后

神功皇后

Top