神崎神社奉賛会規約

第 1条  本会は神崎神社奉賛会と称し、事務所を神崎神社社務所内に置く。
第 2条  本会は鳥取県保護文化財である神崎神社の修理保存事業に協賛する。
第 3条  本会の趣旨に賛同し、寄附金を納めるものをもって会員とする。
第 4条  会員に対する取扱い並びに待遇はこれを別に定める。
第 5条

 本会に左の役員を置く。 
 会長 1名 副会長 若干名 常任理事 2名 理事 若干名 監事 3名 会計 2名

第 6条  本会に顧問、参与、世話人を置く。
第 7条  会長は本会を代表し、会務を総理する。副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。常任理
事は会長の命を受け会務を掌理する。理事は理事会に出席して重要案件を協議し、本会の事業を行う。監事は会務の
状況及び財産を監査する。会計は会長の命を受け会計事務を行う。
第 8条  顧問は会長の諮問に応え、並びに会議に出席して意見を述べることができる。参与は本会事業に参画し、会議に出
席して意見を述べることができる。世話人は本会の目的完遂に協力する。
第 9条  役員は総会において選出する。
第10条  顧問、参与、世話人は会長、又は宮司これを委嘱する。
第11条  本会の役員、顧問、参与、世話人は名誉職とする。ただし、任期は本会事業完遂をもって終了する。
第12条  議事は出席員の合議のうえこれは決する。

 

附 記

 現役職者が任期満了等で退職の場合は、後任者が前任者の役務を引継ぐものとする。

 本規約は平成26年5月19日から施行する。

 神崎神社奉賛会 会員に対する取扱いならびに待遇(規定第四条関連)

 

Top